トップ ブログ 結婚相談所

【意外!?】結婚相談所に向いている人ってこんな人だった!

結婚相談所

【意外!?】結婚相談所に向いている人ってこんな人だった!

公開日2023.05.26

更新日2023.05.27

【意外!?】結婚相談所に向いている人ってこんな人だった!

「結婚相談所って婚活に有利?」
「自分に合うか分からない…」
「恋愛経験皆無でも大丈夫か不安」

結婚したい気持ちは強いけれど、異性との出会いも時間もなく焦っている方も多いのではないでしょうか。実際、結婚に関する意識|平成25年度 厚生労働白書」によると、独身であることの理由は「適当な相手にめぐり会わない」が一番だったことが分かりました。

 

 

1位

2位

3位

25~39歳

適当な相手にめぐり会わない

自由さや気楽さを失いたくない

まだ必要性を感じない

参考資料:平成25年度 厚生労働白書|厚生労働省

 

そんな時に頼りになるのが「結婚相談所」の存在。あまり知られていませんが実は、結婚相談所は誰にでも向いている訳ではありません。うまく活用できないと、せっかく入会しても時間やお金がムダになる可能性もありますね。実際、「私って結婚相談所向いてないかも…」と悩まれる方も多くいらっしゃいます。

そこで今回は、結婚相談所に向いている人の特徴や条件を分かりやすくご紹介致します。「入会する前に自分に向いているか、しっかりと見極めておきたい!」方はぜひ、最後までお読みください。

結婚相談所に向いている人の特徴

結婚相談所に登録される方の目的は「成婚」ですが、向いているかどうかは、全員に当てはまるわけではありません。下記にご紹介致します。

1年以内に結婚したい気持ちが強い人

一般的に結婚相談所の平均活動期間は「1年」です。そのため、「1年以内に結婚したい」と強い意志を持っている方は、結婚相談所に向いています。なぜなら、結婚相談所は、言うまでもなく結婚を真剣に考えている人たちが登録している場所。そのため、双方が真剣かつ前向きに活動を行っているからです。また結婚相談所の利用は、初期費用や書類登録も必要なため、マッチングアプリや友達の紹介など、気軽にできるわけではありません。恋愛を楽しむのではなくゴールの結婚まで早急に結果を出したい方に向いているのです。

仕事と両立してお見合いやデートができる人

仕事と両立して、お見合いやデートができる人も、結婚相談所に向いています。結婚相談所は、相手のスケジュールに合わせて、専任カウンセラーやコンサルタントがお見合いやデートのセッティングをしてくれます。そのため、仕事が忙しく時間の限られた方は、タイミングを合わせられず、結果、積極的に活動に取り組めない可能性が高いからです。例え、どんなに条件や相性が良さそうな人であっても、実際に会えない、デートの時間が取れないのであっては、親交を深めるのは難しいでしょう。

恋愛経験が少なくでも仲人のアドバイスやサポートを上手く活用できる人

結婚相談所では、「ある程度の恋愛経験が必要」と思われるかもしれませんが、実はそうではありません。反対に過去の経験がない分、素直に仲人さんからの意見を聞き、円滑に婚活を進めることができるからです。相手の男性に対しても、過去の理想や過分な自己主張をすることなく、素直に接することができるのもメリットですね。

意外と知られていない!?結婚相談所に向いている人

上記の他に、意外と知られていない、結婚相談所に向いている人には、以下のような特徴があります。もし、あなたがひとつでも当てはまるのであれば、結婚相談所を検討してみても良いですね。

男女ともに年上好きな人

結婚相談所は年齢や職業などの条件に合わせた探し方ができますが、実は男女ともに年上好きな人は成婚率が高くなっています。理由は年上の異性を希望している方ほど、結婚への真剣度が高い傾向があり、マッチングもしやすくなるためです。特に男性は年下の女性を希望する事が多いため、年上好きの女性はマッチング率も高く、選択肢も多くなりますね。

離婚・低収入・家の事情(婿養子希望)など条件が悪く見える人

意外に思われるかもしれませんが、離婚歴がある、収入が多くない、あるいは婿養子希望の一見、条件が悪く思える方も結婚相談所に向いています。

 

まず、離婚経験者は「結婚していた」という実績があること。また、死別を除き離婚経験から学んだことを活かし、今後より良い関係を築けるように配慮することができるためです。例えば、以前の結婚で夫の義実家との関係が原因で離婚したのであれば、次の結婚では相談所で「同居」や「実家近くで暮らすのが夢」などという男性を避けて婚活をすることができますね。

 

低収入の方も問題ありません。共働き世帯が増えているとは言っても、専業主婦や扶養内で働き家庭を維持してもらえることを希望している男性も多いからです。実際、国立社会保障・人口問題研究所によると、「第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)」では、「男性がパートナーに望むライフコース」で専業主婦を希望されている割合の男性は10%。つまり10人に一人が家庭に入ることを望んでいるという結果になりました。また、「家庭と仕事も両立して欲しい」割合も33.9%といるため、低収入であっても「仕事がある」というだけでも有利になりますね。

 

さらに、婿養子希望など家の複雑な事情を抱えている方もマッチングする可能性がありますね。お互いの家庭環境を理解することで、より深い親近感が生まれるケースも多いでしょう。

容姿に恵まれていたり、資産家の方

容姿に自信があったり、高収入な方も結婚相談所に向いています。結婚相談所では、マッチングアプリや、友達の知り合いの紹介などと違い、素性のはっきりしない方を紹介されることはありません。書類提出と仲介者が必ず入るため、恋愛や身体目当ての男性や、投資やネットワークビジネスなどの詐欺のトラブルに巻き込まれる可能性を限りなくゼロにすることができます。

特に最近ではマッチングアプリやSNSを利用した犯罪も多いです。婚活で使用する際は十分注意しましょう。

自分が結婚相談所に向いているかわからない人は東京婚活ゼミナールの無料相談へ!

結婚相談所に向いている人についてご紹介致しました。「結婚」というはっきりとした目標を持っている人にオススメで、スピード感を持ってゴールインしたい方はぜひ、ご検討ください。自分が望む理想の男性を分析してもらい、必要なアドバイスを行ってもらうことで、確実に結婚に向けてのステップを踏むことができますよ。

もし、自分が結婚相談所に向いているか不安な方は、一度「東京婚活ゼミナール」の「無料体験入学」にご相談ください。プロの婚活コンサルタントが一人一人にあったサポートとアドバイスを提案させて頂きます。無料相談では、無理に入会を勧めたりしつこい電話勧誘をすることは一切ありません。「婚活がはじめて」「まだはっきり結婚したいか決めていない」など、迷われている方も大歓迎です。どうぞ安心して気軽にご連絡くださいね。

45 無料体験入学
学べる結婚相談所 東京婚活ゼミナールでは、
Zoom&GoogleMeetにて5万人のリアル会員を検索していく、45分間の無料体験入学を実施中です。
まずはあなたの近くに住んでいる、理想的なお相手のプロフィールを見てみましょう!