トップ ブログ コミュニケーション

女性に激モテする簡単なLINEの送り方

コミュニケーション

女性に激モテする簡単なLINEの送り方

公開日2022.10.11

更新日2022.10.11

学べる結婚相談所、東京婚活ゼミナール 講師の森川です。

東京婚活ゼミナールでは、LINEを制する者は婚活を制すと言っているほど、婚活におけるLINEでのやり取りを重視しています。どんなに頻繁に会おうといっても社会人なら週1,2が限度です。これはかなり職場が近いとかお互いの家が近い場合に限りますので、多くの人は2週間に1回くらいのペースが婚活におけるデートのスタンダードだったりします。となると会っていない間にどれだけ心を繋げられるかが重要になってきますが、そこで出番がくるのがLINEです。

LINEはその性質上簡単な文面でも許されますし、テンポよく往復することも非常にハードルが低いです。また、ネット環境さえあれば、通話が無料な上に、ビデオ通話もできるため、これほどお手軽に連絡が取れる手段はないと言っても過言ではありません。ですが、未読・既読機能があるために、相手が確認したのに返信がない、未読な場合はブロックされてしまったのではないかなど、精神的に負担になりやすいツールである一面もなきにしもあらずです。

今回は女性に激モテする簡単なLINEの送り方について徹底的にお話させて頂きます。LINEでの距離の詰め方ややり取りが心地よいとイケメンであるとか高年収であるといった条件なんて吹っ飛んでしまって、あなたと付き合いたいと思わせることが可能です。ぜひ最後までしっかりと読んで実践して頂きたいと思います。

リアクションは大袈裟くらいがちょうどいい

LINEでのモテるやり取りですぐに簡単に使える手法は、リアクションです。とにかく大袈裟に精一杯喜んであげることが重要です。例えば、「今日はありがとうございました」などのお礼のLINEがきた場合は、「○○さんのためなら喜んで!僕はすごく楽しかったです!」などと少しオーバーに反応してあげることがポイントです。他にも会う日を決める際のやり取りなどでは、「いつでもどこでも喜んで!」など、本当はいつでもどこでもじゃなかったとしても、これくらいの反応を出すことが重要です。ここだけの話、結婚相談所に入会されている男性の多くは、とてもLINEでのやり取りが苦手で、仕事のやり取りとそれほど変わらないテンションで行っている場合がほとんどです。そのため女性陣もLINEでのやり取りでテンション高く関われる人がいないと不満に思っていることが多いため、たったこれだけでもかなり差別化できてしまいます。

とりわけ男性はLINEのやり取りごときで誰かに指導を受けるのは恥ずかしいし情けないし、自分には必要ないと思ってしまうものですが、実際LINEのやり取りのポイントを心得ている人は、激しくモテています。自分の気持ち以前にLINEのやり取りが苦手だな、距離の詰め方が面倒だと思う人は、難しく考えずに女性へのリアクションを大袈裟に喜んであげてください。男性も女性も恋愛や婚活においては相手に迷惑ではないかなと思って誘うことに躊躇うことは永遠のテーマです。少し勇気を振り絞って頑張ったLINEのリアクションが丸ごと自分を受け入れてくれたような返事だった場合、好感を持たない女性はいないはずです。女性は男性ほど第一印象の見た目だけで男性を判断しません。関わっていくうちに、信頼できて話しやすい相手に次第に惹かれていく生き物です。最初タイプじゃなかったとしても、「私のLINEの返信が可愛かった」と思えれば母性本能をくすぐられて、愛しくなっていきます。テンション高く一生懸命に返信をしている男性は女性からは可愛く見られるもので、女性から可愛いと思われると、大抵はその女性の心を鷲掴みにしていけます。やることはとてもシンプルですので、ぜひ今からでも使ってくださいね。

相手の生活パターンを知る

激モテするLINEの送り方の一つとして、相手にとって心地よい時間に送るということも重要です。大抵男性の方が仕事が忙しかったりするので、男性のタイミングで送ることが多くなるとは思いますが、それがあまりに深夜だったりすると、LINEのメリットの一つでもあるテンポよく往復するやり取りができなくなってしまいます。必ず1日のどこかで、テンポよくやり取りする時間があると、関係は一気に近くなりますので、最初の頃は自分が送ったLINEがどのくらいで既読になって、何時頃返ってくるのが観察してください。

おすすめは通勤中・お昼休み・休憩時間・定時が終わった後・帰宅中・寝る前などです。このいずれかで合わせられる時間があれば積極的に毎日送ってみましょう。短い文面でテンポよくやり取りできるのはLINEならではの良さです。これができると、この人とは相性がいいなぁと思ってもらえる確率が高くなるので、本当におすすめです。また、LINEの内容は最初は意味のない日常にあれこれや相手軸で展開させることがおすすめです。意味のない日常のあれこれや、ランチやラテアートの写メやちょっと笑ってしまった出来事など、わざわざ言うまででもないことです。関係性が少しできてからは、相手が今日は重要なプレゼンがある、締切日、試験日などなど大切な事柄があれば、その前に激励したり、終わってからは必ず労りの言葉をかけてあげることも必須です。自分の苦労話は2割くらい、3割くらい日常のあれころ、残りの5割は相手軸で相手に関する話題がベストです。女性は共感してほしい生き物なので、自分のことを常に気にかけてくれる人のことが実は一番気になって、頼りにしてしまいます。いつしかあなたなしの生活は考えられないとなり得る未来を意図的に作れますので、こちらもぜひ使ってください。

早い段階で通話へ持ち込む

LINEでのやり取りで通話へ持ち込むことができれば、かなりその関係性は安定していきます。できれば早い段階で通話の提案を持ちかけていきましょう。出会って1週間以内くらいがベストです。あまりに遅くなると今さら感が出てしまい、ハードルが一気に高くなってしまいます。その場合でも、そういった気持ちを無視して通話の提案をすることが重要です。通話の際はビデオ通話にしなくても問題ありません。夜に電話する場合、お風呂に入った後でビデオ通話をすることに抵抗がある女性は多いと思いますし、ビデオ通話で顔の印象を下げてしまうことも考えられますので、声だけで十分です。

通話をする際にも必ず相手の言葉や頑張りには大袈裟なほどのリアクションをしてあげることを心がけてください。もちろんあなたのアピールも重要ですが、能ある鷹は爪を隠すではないですが、2割ほどアピールをすれば女性からは十分だと感じてもらえるはずです。それよりは、自分の話をどれだけ聞いてくれるのかということ、自分がどれだけ話せるのかということに女性は居心地の良さを感じるので、一生懸命話を聞いてあげてください。この際に特に面白い話を言う必要もありません。落ち着いて話せる人を女性は求めているので、ゆっくりと話に耳を傾けてあげられるだけで十分です。ぜひ試してみてくださいね。

最後に

女性に激モテする簡単なLINEの送り方についてお話させて頂きました。LINEを制するものは婚活を制すと私たちが日々言っているように、LINEのやり取りが心地よい人はとにかく激モテします。と言っても面白いことを話す必要はなく、相手ファーストで積極的に関わるというただシンプルなことになります。最初は行動することにためらいがあると思いますので、LINEの文面でオーバーリアクションをすることから始めてみてください。目に見えるような変化がある場合が多いですし、そうじゃなかったとしても確実に女性に好印象を残していることは間違いありません。

東京婚活ゼミナールでは、仮交際以降のLINE指導に何よりも力を入れています。仮交際のほとんどがフェードアウトされてしまうのですが、その大半はタイプじゃなかったというよりは、距離の詰め方がお互いに下手だったということだけだったりします。距離の詰め方にはコツがあります。先に述べたように、まずはオーバーリアクションで相手の心を和ませることで、一気に敷居が低くなり、簡単に毎日決まった時間にテンポよくやり取りをしたり通話する仲になったりします。ほとんどの結婚相談所では会員様任せで放置していることが多いのですが、東京婚活ゼミナールではちょっとしたアドバイスで誰でも無理なくLINEでの距離の詰め方をマスターしています。興味がある方はぜひ無料相談会に参加してみてくださいね。みなさんとお会いできるのを楽しみにしております。

45 無料体験入学

学べる結婚相談所 東京婚活ゼミナールでは、
Zoom&GoogleMeetにて5万人のリアル会員を検索していく、45分間の無料体験入学を実施中です。
まずはあなたの近くに住んでいる、理想的なお相手のプロフィールを見てみましょう!