トップ ブログ 婚活

婚活を成功させたかったら電話せよ!その3つのコツとは!?

婚活

婚活を成功させたかったら電話せよ!その3つのコツとは!?

公開日2022.08.18

更新日2022.08.18

学べる結婚相談所、東京婚活ゼミナール 講師の森川です。

婚活は何の前提もない男女が一生一緒にいる人を見つける活動です。普通に考えると何て振り幅の大きい活動ではありますが、人間は関わることによって、情や愛情が芽生えていき、自然な流れで恋愛感情が湧いていくものではありますので、そう無理な活動ではないものです。

でもこうなるためには、よく観察するといくつかの重要なポイント、経過を経てそうなるべくしてなっているものです。関わると一言で簡単には言えてしまいますが、それは具体的には“経過を経て関わっていくこと”だったりします。

今回は、何の前提もない男女がどのように経過を経て関わっていけば、一生一緒にいたいと思えるほどの恋愛感情が湧く相手になり得るのかその3つのコツについてお話させて頂きます。ぜひ最後まで読んで頂いて、参考にして頂ければと思います。

最初はLINEで連絡を密にとる

連絡先を交換したら、できるだけ密にLINEのやり取りをすることができるのかが婚活の絶対的な成功ルールです。婚活でのやり取りはとにかくスタートダッシュが肝心です。どんなに仕事が忙しくても合間を縫ってやり取りをしないと、その関係性はすぐに膠着し、無駄に時間が過ぎた後、必ず終わっていきます。まずは、連絡先を交換したらすぐにやり取りをすることを肝に銘じておきましょう!

ここでのポイントは連絡先を交換したらすぐにLINEのやり取りをすることであって、電話はまだしないほうが得策です。電話は相手の時間を物理的に奪ってしまうので、あまりに関係性が出来上がっていない状態ではお互いにとってハードルが高いものです。まずは、LINEで“おはようございます”“お疲れ様です”“おやすみなさい”といった挨拶のやり取りからスタートし、相手がどのくらいの時間帯に返信をする可能性が高いのか、どんなタイムスケジュールで生活しているのかといったことをLINEのやり取りの時間帯から観察していき、把握していくことが大事です。

この際には自分のタイムスケジュールもそれとなくLINEの文面に織り交ぜて、相手に知らせることがポイントです。そうすることによって、相手もまた自分のタイムスケジュールを把握してくれて、合わせてくれたり、配慮してくれることもあるからです。

どうしても時間の拘束が長い仕事をしている方がLINEの返信のタイミングは遅いことになり得ます。それを知ることも今後やり取りを続けていく中でとても大事になっていきますので、連絡先を交換したらむやみやたらにやり取りをするのではなく、お互いのタイムスケジュールを確認するためにLINEを活用すると覚えて頂ければと思います。

出会って1週間くらいで電話することをもちかける

連絡先を交換して1週間ほどLINEのやり取りが上手くできたのであれば、次は電話をすることをもちかけてみることが大変おすすめです。1週間ほどもLINEでそこそこ密にやり取りができるのであれば、その関係性は発展する可能性が高いです。それならばその関係性に徐々に火をつけていくことが大事となります。一番いいのは物理的に会うことですが、婚活は複数の人と同時にデートしている可能性が高いですし、お互い仕事がある社会人、住んでいる場所やコロナ禍ということもあり、会うことはなかなかハードルが高いものです。誘ったところで、2週間、3週間先といったことはざらにあります。

そこで出番となるのが“電話”です。電話はLINEのやり取りと直接会うことのちょうど真ん中あたりに位置する存在です。物理的に相手の時間を奪うけれども、移動や会うまでの支度の時間を取らないという何とも美味しいメリットがあります。ぜひとも積極的に使って頂きたいツールです。電話をもちかけるタイミングは、LINEでのやり取りが盛り上がっている時がおすすめです。お互い少しあったまってきたなぁと感じた頃であれば、男女どちらかが言いだしても問題はありません。それかいずれ電話をする目的で、LINEのやり取りの段階で、“電話が好きなんです”“声を聞くと安心するタイプですね”“5分でもいいから1日の最後に声を聞けると嬉しいですよね”といった前振りをしておくのも非常におすすめです。

逆にこの1週間頑張ってみたけれど、LINEのやり取りが思うようにできなかった、時間といい文面といいタイミングが合わない、やり取りに非常に労力がかかると感じたのであれば、その関係性を発展させることは難しいと思っても良いとは思います。結婚相談所での婚活の場合、お見合い後に一回はデートをしないといけないルールがある場合があるので、LINEのやり取りが思うように進まなかったと感じた場合は早々にデートをセッティングすることもおすすめです。LINEのやり取りが思うように進まない人とデートするのは気が進まないかもしれませんが、LINEのやり取りが進まない以上、もう一度会ってみることしかその関係性を確認することができないので、早めに会うことがお互いのためです。それで大抵はどちらかに答えが出るはずなので、その関係性の行く末がわかることだと思います。

このようにたった1週間でも丁寧に相手と関わることをすれば、関係性が発展するのか、そうでないのかは意外とわかるものです。

癒しの時間を提供することに心がける

いざ電話をすることが可能になったのであれば、あとは楽しくお話して頂きたいところです。あえて上手くいく電話の仕方のポイントとをお伝えするとすれば、“癒しの存在になる”ということでしょうか。基本的に電話は仕事帰りか寝る前にすることが多くなります。どんな人も1日の終わりは心穏やかに温かく過ごしたいものです。話す内容は仕事の悩みや愚痴、自分の凄さを語るのではなく、話せて嬉しいという言葉に始まり、今までLINEのやり取りを通じて感じた相手の良さや思わず笑ってしまった可愛いエピソードなどを取り上げるのがおすすめです。

また、話し方や声のトーンも、夜にふさわしく、自分の中で一番柔らかく温かみのあるトーンで話すことが非常におすすめです。男性の場合はとにかく優しく包み込むような雰囲気で、女性の場合はいつもだったら絶対に人前では出さない可愛らしい声やそういった雰囲気でお話してみてください。そして、ちょっとした会話の間は男女ともに多少の笑い声で繋いであげるとお互い安心して話続けられると思います。

電話は外でデートする時と違って、誰にも見られないという利点があります。誰にも見られないのであれば、いつもと違う柔らかい自分を表現することは抵抗が少ないと思います。さらに、余裕があれば部屋を間接照明やキャンドルを灯して、リラックスできる空間にしてお話するとさらにその効果は絶大です。ぜひ試してみて頂きたいところです。

最後に

婚活を成功させたかったら電話せよ!その3つのコツについてお話させて頂きました。婚活は何の前提もない男女が関わる活動なので、止めずに動き続けることが肝心です。ですが、動き続けると言っても、LINEのやり取りだけや数ヶ月に1度くらいのデートでは、関係性を発展させるには力不足ではあります。

動き続けるとは確実に関係性を発展させているという手ごたえが重要です。最初はLINEのやり取りから始まり、電話をすることでお互いの声を聞いたり、同じ時間を共有することによってより具体的に相手との親密さに一歩コマが進み、その上で会うべくしてデートを重ねていくことができれば、何の前提もない男女でも非常にスムーズに恋愛感情を育ませながら結婚へと導かれていきます。

仮に途中で上手くいかないのであれば、それは発展し得ない関係性だということもわかるということもあります。全ての関係性において上手くいく方法ではないので、この流れに沿って進んで行って頂き、なるべくして結婚というゴールへ向かって頂きたいと思います。

45 無料体験入学

学べる結婚相談所 東京婚活ゼミナールでは、
Zoom&GoogleMeetにて5万人のリアル会員を検索していく、45分間の無料体験入学を実施中です。
まずはあなたの近くに住んでいる、理想的なお相手のプロフィールを見てみましょう!