トップ ブログ デート

【効果エグイ】99%の男性は仮交際のデート中に○○されると虜になります

デート

【効果エグイ】99%の男性は仮交際のデート中に○○されると虜になります

公開日2022.12.23

更新日2023.01.28

学べる結婚相談所、東京婚活ゼミナール 講師の森川です。

結婚相談所の婚活では、1時間程度のお見合いをした後に、再度会ってみてもいいなと両者が思った場合、仮交際というステータスへ移行します。仮交際は言葉通り“仮”の交際期間であるため、同時並行して新しいお見合いをしても構いませんし、仮交際相手が何人いても構いません。いずれ1対1でお付き合いする本交際(真剣交際)に向けて、何人かと軽いデートを楽しみながら気持ちを盛り上げていく期間と言えます。

こう聞くととりあえずデートを重ねたりLINEのやり取りをしていけばいいんだなと思いがちですが、実際何の前提もない2人が、忙しい毎日の中、デートの時間を捻出したり、LINEのやり取りを続けていくのは至難の業だったりします。現実的に考えて、男女ともに相当好みのタイプの方とお見合いすることなんてほとんどありませんので、特に嫌なところがない、感じが良かったくらいであれば、大抵は仮交際へ移行されていきます。そのため、結婚相談所での婚活で重要なのは仮交際中の行動になると言っても過言ではありません。

私が見てきた中で、仮交際中のカップルの半分は実質動いていない状況であることが多いです。なぜそんな状況になってしまうのかというと、頑張る気持ちが湧かないからです。お見合いでは嫌なところがなかったから仮交際へ移行したけれど、かといって自分のリソースを使って頑張る気持ちがあるかと言われると、そこまでではない。ファーストコールで次のデートの約束を決めたものの、それまでどんなLINEを送ればいいのか、そこまで気持ちを割く活力が湧かない。こんな状況であることが多いものです。

仮交際へは移行することができるものの、そこから関係性を作るために頑張る気持ちが湧かない、男性に引っ張っていってもらえれば、そんなこともないんだけどな、と思う女性は多いものです。今回はそんな女性向けに、エグイほどの効果を見込める、99%の男性が仮交際のデート中にされると虜になってしまうデートの仕方についてお話させて頂きます。これをすることによって、仮交際へ移行したものの、たいして連絡を取らずに終了してしまう無駄な時間がほとんどなくなりますので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

ファーストコールでは早く会いたいアピールをすべし

結婚相談所での婚活では、ファーストコールで仮交際における1回目のデートを取りつける暗黙のルールがある上に、一度もデートをしないまま終了すると罰金というペナルティが発生するため、最低でも1回くらいはデートがスムーズにできるものです。このルールを上手く利用して、初回デートはお見合いから最低でも1週間以内に会う約束をすることがまずは大切です。週末が難しかったら、仕事帰りでも構いません、1.5時間くらい捻出できれば問題ないので、どんなに忙しくても1週間以内にはデートをするよう頑張ってください。

その際には、電話口で「早くお会いできたら嬉しいな」「そんなに早く会えるんですか?」「お忙しかったら仕方ないですけど、もっと早く会えたら嬉しいです」など、とにかくやる気満々風、こちらが早く会いたくてたまらないように返すのがポイントです。

正直、そこまで会いたいと思っているわけではない、好きかどうかもわからないという気持ちだと思いますが、その気持ちを伝えたところで何のメリットもありません。婚活からのお付き合いには、リップサービスがなければ絶対に発展しません。お見合いから仮交際へ了承することができたのですから、会いたい気持ちを匂わせることは何の嘘でもありませんし、これからの未来の自分の気持ちが変わることを期待するためにも、ルールとはいえ、せっかく電話して誘ってきてくれているので、その場を盛り上げるサービス精神で返してあげてください。

ファーストコールから初デートまでは毎日女性側からLINEを送るべし

ファーストコールで早く会いたいアピールをされた男性の脳内はどうなっていると思いますか?「思いの外、この女性は自分のことを好きなのかもしれない」と思い始めるはずです。そりゃそうですよね、ファーストコールであんなに早く会いたいと言われてしまったら、そう思ってしまうのも無理はありません。

こう思われると女性側としては心外ではあると思います。だってそこまで気持ちがないんですから。でもこれでいいのです。変なプライドは捨てて、男性をその気にさせてあげることが後々の2人の関係のためには重要なのです。さらに男性の気持ちを盛り上げるために、ファーストコール後から初デートまでは、女性側から毎日LINEを送るよう努めてください。内容は何でもいいですが、最初は挨拶のLINEを送って、男性の日常に入っていくことが大切です。女性から挨拶のLINE、お仕事頑張ってくださいね、可愛らし絵文字やスタンプを送られて嫌がる男性なんていません。休憩時間や帰宅時間、寝る前にも積極的に送ったり、食べた物やちょっと笑えるネタなどの写メがあればこちらも積極的に送ることがめちゃくちゃ大事になってきます。

好かれると気になり出してたまらなくなるもの

そこまで気持ちがないお見合い相手に最初からここまで頑張る意味って一体何なのでしょうか?それは人間というものは、好かれるとその相手のことを逆に気になりだしてしまうという性質を持っているからです。学生の頃に一度はあったのではないでしょうか?○○くんが自分のことを好きだと言っているらしいよと言われて、全く眼中になかったのに、そこから急に気になりだしてしまうというようなことです。女性の場合はその相手が生理的に受け付けない場合は、キモイで終わってしまいますが、男性の場合はこういうことがあると、途端に猛烈に気になってしまう生き物です。その理由としては、男性は女性と違って好きと性欲の境目がないので、かなりの確率で自分のことを好きな女性のことを好きになってしまう生き物なのです。

この性質を活かして、ファーストコールから初デートまでの間に、自分に好意があるとしか思えないような女性(しかも自分でも仮交際を了承した相手)とやり取りをしていると、彼らの頭の中はあなたのことでいっぱいになってしまいます。なんと会わずして自分に最大限に興味関心を持ってもらうことができるのです。男性が特定の女性に興味関心を持つとどうなるでしょうか?段々と自分はこの女性のことが好きなのではないか、と思うようになり、追いかけ始めます。そして、男性は好きな女性のためなら何事も頑張っていくようになります。はい、今までの行いは、ここまで持っていくための種まきだったのです。

初デートではとにかく満面の笑顔で過ごすこと

ここまで持ってこれれば、何もしなかった時に比べると驚くほど男性は初デートに気合を入れてくるはずです。なぜなら頑張る意欲があるからです。もちろん女性側には依然そこまでその男性に気持ちがないかもしれませんが、仮交際はどちらか一方でも頑張る意欲があることが重要ですし、それが男性であった方が断然上手くいきやすいものです。男性の頑張りに身をゆだねて、頑張ってくれていることに心から感謝しながらデートを楽しんでください。

その際に、自分には気持ちがないのに悪いななんて思う必要は全くありませんし、思ってもいけません。恋愛というものはどこで気持ちが動くのかわからないものです。感じが良い対応をしてくれたというだけで、いい人だと思って好きになることはありますし、どんなにタイプの外見でも積極性がないというだけで、何か違うと思ってしまうこともありません。何の前提もない男女がいきなり結婚へと進んでいこうとする婚活のスタイル自体に無理があるものなので、好意を匂わせることができる女性というのは嘘つきどころか、前向きでお膳立ての上手い女性だと言えるはずです。

いつの間にか追われていればOK、そこから自分の気持ちを確かめていって

ファーストコールではいつも通り受け身で控え目な返答、初デートまでの期間のLINEのやり取りもまばらな状態で初デートを迎えるのと、ここまでお伝えしてきたことをやった上で初デートを迎えるのとでは、男性の熱量は驚くほど違うはずです。人は最終的に手の届く人が心地よいと感じ、それは自分に好意がある人とも言い換えられます。また客観的に合いそうだなと思う男女をマッチングさせたとしても、お互い何もアクションを起こさなければその相性の良さを知るきっかけを得ることもありません。婚活は何となく会うことは絶対にNGで、とにかく感じよく好意を匂わせることで、お互いの化学反応を期待することが必須となります。

いつの間にか男性に追われている状況を作ることができれば合格ラインに立ったといえます。自分に熱量が高い人と関わることは、自分の好きな気持ちが盛り上がる可能性が非常に高くなるものです。ここからはどう動くのかわかりませんが、「いいな」と思うか「やはり違うな」と思うか、結果はすぐに出てくるはずなので、時間を無駄にすることはまずないと言えます。女性はその性質上、男性に追われることによって段々と好きになる生き物なので、このやり方は非常に理にかなっていると言えます。何となく仮交際を続けるのとでは、雲泥の差ですので、ぜひ試してみてくださいね。

時間(年齢)はお金では買えないと肝に銘じること

結婚は何歳でするのも自由だと思いますが、結婚したいと思ったタイミングですべきものです。なぜなら、仕事と違って強制力がないので、タイミングを逃すとあっという間に時が過ぎてしまうからです。また、出産のことを考えるとリミットがありますし、年齢を重ねれば重ねるほど出会いの確率は減っていくものです。もちろん何歳でも結婚することは可能ですが、年齢を重ねると年下と結婚したいと思う女性が多く、年下男性の取り合いになることは否めません。今したい!と思った自分のタイミングは絶対に逃すべきではありません。

個別にカスタマイズされた婚活をするなら東京婚活ゼミナールへ

私、桐山栄子が開講した東京婚活ゼミナールは、婚活コンサルを重視した結婚相談所です。婚活はむき出しの自分を受け入れることができれば、そう難しくはないのですが、なかなか人間それができないものです。

例えば42歳の女性がいるとして、どんなに綺麗な方でも婚活業界に入ると「子供を産めるのか微妙」と勝手に判断されてしまいます。多くの男性は子供を欲しがっていて、自分はともかく、奥さんには若くいてほしいと勝手に思っているものです。むき出しの自分を受け入れるとはこういった現実を踏まえることです。まずは自分が婚活業界でどんな位置に値する人物だとみなされているのかを冷静に判断して受け入れる必要があります。多くの方はこれをすることを嫌がります。厳しい現実を見ずに自分の希望だけで活動し、壁にぶち当たるのです。婚活はまずは自分の立ち位置を把握し、そこから戦略的にその隙間を狙って活動するのが一番賢い活動の仕方だと言えます。

私が開講した東京婚活ゼミナールは、まずはこの構造を理解して頂いて、お一人お一人に合った現実的な戦略を練って、満足のいく結婚相手を探すことを目指しています。そのためにはお一人お一人と直接お話してコミュニケーションを取ることが大切で、これは大手結婚相談所では絶対にできないことです。大手結婚相談所で上手くいかなかった方、自分の強みや弱みが客観的にわからない方、恋愛経験が少なくて婚活をすることが不安な方、できる限り戦略的に婚活をしたい方はぜひ東京婚活ゼミナールの無料体験入学にご参加してみてください。東京婚活ゼミナールの無料体験入学は、コンサルタントの話を一方的に聞くのではなく、実際のデータベースからお相手候補を見ながら、実際どのように婚活の戦略を立てていくのかを知ることができます。みなさんとお話できることを心から楽しみにしています。

45 無料体験入学

学べる結婚相談所 東京婚活ゼミナールでは、
Zoom&GoogleMeetにて5万人のリアル会員を検索していく、45分間の無料体験入学を実施中です。
まずはあなたの近くに住んでいる、理想的なお相手のプロフィールを見てみましょう!